費用対効果に優れた照明

白熱電球をLED照明に変えれば、電気代を抑えることができます。居住人数と部屋が多い家庭は照明の使用頻度と時間が増えるため、LEDを導入するメリットがより大きいです。LEDは消費電力を抑えつつ十分な照度を得ることができます。さらに耐用年数が長いので、買い替えの頻度を抑えられるのも魅力です。価格自体を見ればLEDの電球や蛍光灯は高価ですが、長く使えば初期投資額を挽回できます。電球型蛍光灯に関しても従来の白熱電球より消費電力を抑えられますが、LEDはさらにその半分程度に軽減できます。耐衝撃性においても優れており、うっかり床に落としても壊れにくいなど、総合的な観点から費用対効果が極めて高いです。

デメリットが非常に少ないのが特徴

LEDのデメリットは熱ダメージに弱いことですが、電球自体が高熱にならない仕組みになっています。そのため熱ダメージが原因で故障するケースはそれほど多くはありません。日常生活における正常な使い方をする分には、支障が出ることはほとんどないでしょう。価格に関しては依然として高いですが、昔と比べると安価になってきています。LEDを導入する人が増えるにしたがって、価格が下がってきたのです。LED照明を導入する場合の注意点は、設置場所によっては暗く感じられることです。特定の方向を集中的に照らすタイプが多いので、部屋全体を明るくするためには電球を大型にしたり、ボール型を選んだりするなどの工夫が必要になります。なお従来の電球と比較して重さがありますが、電球ソケットに負荷を与えるほどではありません。

LEDライトパネルは、高輝度のLEDチップを取りつけたパネルのことです。LEDの寿命は50,000時間程度といわれていますので、長期間使用できます。